Profile

冨田ラボ・冨田恵一

Tomita Lab / Tomita Keiichi

音楽家・音楽プロデューサー

冨田ラボとして今までに6枚のアルバムを発表、最新アルバムは2018年発売の『M-P-C “Mentality, Physicality, Computer”』。

冨田ラボの元に今の音楽界に欠かせないアーティストたちが集結、次の時代のPOPSを提示する名盤。そして、2021年遂に再び始動。

2/3には秘蔵のビート&メロディーを使い、10分越えの壮大なインスト楽曲『MIXTAPE』をリリース。4/21には昨年開催中止となった冨田ラボがオーガナイザーを務めるライブイベント「TOKYO M.A.P.S」に出演予定だった一部アーティストたち(長塚健斗 frm WONK、坂本真綾、長岡亮介 frm ペトロールズ、Naz、bird、藤原さくら、堀込泰行、吉田沙良 frm モノンクル、Ryohu frm KANDYTOWN、角田隆太 frm モノンクル)と共にコロナ禍で制作された「MAP for LOVE」をリリース。2021年リリース第三弾とる「夜汽車 feat. BASI & kojikoji」は、2月リリースの「MIXTAPE」の一部をセルフサンプリングし全体的にストリングスを入れるアレンジなど再構築したトラックに、ラッパーの “BASI” 、シンガーソングライターの “kojikoji” を迎え制作された、夏夜のチルアウト・ソング。

音楽プロデューサーとしても、キリンジ、MISIA、平井堅、中島美嘉、ももいろクローバーZ、矢野顕子、RIP SLYME、椎名林檎、木村カエラ、bird、JUJU、坂本真綾、夢みるアドレセンス、Uru、藤原さくら、Negicco、鈴木雅之、VIXX、スガシカオ、新しい地図、Naz、kiki vivi lily、高野寛、Ryohu、yonawo、等数多くのアーティストにそれぞれの新境地となるような楽曲を提供する他、自身初の音楽書「ナイトフライ -録音芸術の作法と鑑賞法-」が、横浜国立大学の入学試験問題にも著書一部が引用され採用されたり、1つの曲が出来ていく工程をオーディエンスの前で披露する “作編曲SHOW” の開催や、世界中から著名アーティストが講師として招かれることで話題のRed Bull MusicAcademyにてレクチャーなども行うなど、音楽業界を中心に耳の肥えた音楽ファンに圧倒的な支持を得るポップス界のマエストロ。

Web
https://www.tomitalab.com/

SNS
Facebook @TomitaLabOfficial
Twitter @tomitakeiichi
Instagram @tomitalab
YouTube公式チャンネル
オフィシャルファンサイト「冨田ラボスタジオ

Link
Management: Low End Theory LLC.
Label: Victor Entertainment / SPEEDSTAR RECORDS

Contact
contact@lowendtheory.co.jp